コメディーフランセーズ

ホテルフォションから歩いて20分ほどの距離。コメディーフランセーズはフランス、そしてパリの舞台芸術の歴史を具現しています。

1680年、ルイ14世の保護の下、劇作家モリエールがコメディアン・デュ・ロワ劇団(王の役者たちの意味)を結成して作った劇場です。この劇団はその後コメディーフランセーズとなります。

パリの人々がル・フランセと呼び親しむこの劇場は、劇場であると同時に劇団です。

フランセ劇場と呼ばれることもあることからもわかるように、フランスで唯一、専属劇団を持つ国立劇場です。

劇団の構成員は正座員であるソシエテールと準座員若手のパンシオネールからなり、準座員は少なくとも1年を経て正座員になります。

この劇団の上演作品は運営責任者で芸術監督の エリック・リュフの下で、3000を超えるあらゆる時代のレパートリーの中から選んだものが演出され上演されます。舞台で語られるすべての台詞は劇団員と外部の文化人で構成される朗読委員会によってチェックされます。国語を大切にする国の歴史ある劇団らしさがここにも表れています。
コメディーフランセーズにはドゥニ・ポダリデス、ギヨーム・ガリエンヌ、ディディエ・サンドル、ドミニク・ブランなど、フランス演劇界を代表する役者が名を連ねています。

ホテルフォションではコメディーフランセーズのプライベート・ビジットをご提案しています。詳細はゲストリレーションズまで。